水出し番茶にすると、番茶独特の苦味や渋みが無くなり、とても飲みやすいお茶になります。

番茶

 

近年、番茶がダイエット効果があると注目されています。番茶にはなぜダイエット効果があると言われているのでしょうか?

 

番茶は「水出し」で飲むと良い

番茶には「ポリサッカライド」という成分が含まれており、ポリサッカライドには血糖値を下げる効果があります。

 

血糖値が下がると筋肉量を増やす効果が期待され、体脂肪がつきにくくなる効果があったり、基礎代謝を上げる効果があるのでやせやすい体になる事が期待できます。

 

しかし、このポリサッカライドは熱に非常に弱く、普通のお茶のようにお湯で煎れてしまうと、ポリサッカライドの成分を摂取する事が出来なくなります。
そのため、ダイエット効果を期待して番茶を飲用する場合には水出し番茶でポリサッカライドを摂取する必要が出てくるのです。

 

水出し番茶の作り方

1リットルの水に対し、30gの番茶の葉を入れて一晩冷蔵庫に置いておくだけです。

 

水出し番茶にすると番茶独特の苦味や渋みも無くなり、とても飲みやすいお茶になります。
また、茶葉を水に入れっぱなしにしておいても味が濃くなったりしないので、安心して飲用する事が出来ます。
一晩番茶を水の中でじっくり抽出する事により、ポリサッカライドの成分を十分水の中に抽出する事ができます。

 

また、水出し番茶にするとカフェインの量が少なくなるので、どんな時間でも飲む事が出来ます。番茶自体の値段がとても安いので、経済的にも優しいダイエットする事が出来ます。

 

水出し番茶は傷む前に飲みきれるようにしましょう。
目安は2日ほどで飲みきることをおすすめします。
冷たい飲料が苦手な方は、あらかじめ水出し番茶を濃い目に出しておき、飲むときに少しお湯を入れるか、レンジで温めると良いでしょう。
その場合でもお茶葉をお湯で出すわけではないので効果は変わりません。