カフェインに注意が必要な人には、メタボメ茶やダイエットプーアール茶がおススメです。

カフェイン

 

あなたはカフェインという成分についてどのような印象を持っていますか?
とかく悪く言われてきたカフェインですが、最近ではダイエット効果が取り沙汰されるなど俄かに脚光を浴びる存在に。

 

風邪薬や栄養ドリンクにも配合されているカフェインがある一方、カフェインレスやノンカフェインを強調している飲み物もあります。カフェインのこと気になりませんか?

 

 

 

カフェインのメリット

  • 片頭痛が紛れる
  • 眠気が覚める
  • 疲労感が薄れる
  • 集中力ややる気が出る
  • 利尿作用によるデトックス効果
  • 中性脂肪を分解する酵素を活発にする

 

カフェインは交感神経を優位にする働きがあります。
交感神経が刺激されると身体はスイッチが入った状態になるんですね。

 

ダイエットに利用したい時は、運動する30分前くらいに摂取すると効果的なのだそうですよ。

 

 

 

カフェインのデメリット

  • 眠れなくなる
  • 空腹時に摂取すると胃を荒らす
  • 利尿作用による脱水
  • 身体が冷える
  • 依存性がある
  • 自律神経を乱す

 

特に妊産婦や幼児は、カフェインによるデメリットの方が大きいと言われています。
カフェインの血管収縮作用により、胎児に充分な酸素が送れないなどの報告もありました。

 

 

 

カフェイン?ノンカフェイン?

適量の摂取であればカフェインに害は無いと言われていますが、その「適量」とは具体的にどのくらいなのでしょう?

 

一般的には「1日にコーヒー3杯まで」という説がありますが、インスタントと挽き豆ドリップでは違いますし、食品や市販薬にもカフェインは含まれていますよね。

 

そこで数値にしてみると1日500mgが限界。
適量とは300mgまでという感じでしょうか。

 

ちなみにドリップコーヒー100ml/90mgとなっています。

 

ダイエット茶として使いたいメタボメ茶では100ml/7.5mgとカフェインの含有量は限りなく低いので、妊婦でも飲めるお茶としてお勧めされています。

 

またお茶に含まれるカテキンの中の成分が、カフェインを相殺する効果を持っています。
そのことからもカフェインに注意が必要な人には、メタボメ茶やダイエットプーアール茶はお勧めできるのです!