お茶が人の身体にとって有益、効果があることは、長く人類に愛されてきたお茶の歴史が証明しています。

お茶の効果効能

 

毎日の飲み物をあなたはお水以外に何を飲んでいますか?

 

少し前まではお茶離れが懸念されていましたが、今またお茶の持つ効果効能に魅せられた人が増えています!

 

お茶には植物の自然のパワーがそのまま宿って、私たちの体調や体質を整えてくれる働きがあります。

 

 

日本茶の効果効能

 

日本にお茶が伝わったのは、紀元9世紀に入ったばかりの頃だと言われています。
時代は平安初期。遣唐使が大陸からお茶の種を持ち帰ったことで、緑茶の栽培が始まりました。
以来10数世紀に渡り飲み続けられています。

 

緑茶のチカラ
  • がん予防
  • 虫歯予防
  • コレステロールの低下
  • 抗酸化作用
  • 体脂肪低下作用(ダイエット効果)
  • 消臭効果
  • むくみ防止効果
  • コラーゲン成形作用
  • 抗菌効果
  • 免疫力向上効果
  • リラックススとリフレッシュ効果

 

日本人が世界的にも体臭が少なく太りにくい体質なのは、この緑茶の持つ効果が作用しているからだと言われています。

 

紅茶の効果効能

 

紅茶文化といえば真っ先に思い浮かぶのがイギリスですが、お茶としての歴史は浅くて海を渡って伝わったのは17世紀だそうです。
当初は「東洋の秘薬」として緑茶が飲まれていました。
紅茶の出現には諸説あるようですが、中国茶の発酵が何かの原因で進んだものと推測されています。

 

紅茶のチカラ
  • 抗酸化作用
  • がん予防
  • 抗菌作用
  • 防臭効果
  • ダイエット効果
  • 花粉症やエイズなど免疫系の病気対策
  • デトックス効果
  • ビタミン補給
  • アロマテラピー効果

 

現代の紅茶はアッサム種とチャノキとの交配で多様な種類があります。
イギリス人が紅茶を好んで飲むようになったのは、野菜が育ちにくい土壌と肉食中心の食生活で、紅茶の持つタンパク質分解作用を体験的に感じていたからという説があります。

 

中国茶の効果効能

 

現代の中国の南方がお茶発祥の地と言われています。
今でもメコン川をさかのぼっていくと、チャノキの大樹や老樹が見られるそうです。
初めは「薬」として用いられていたお茶が嗜好品として好まれ、お茶文化となって開花したのが8世紀頃。

 

中国茶のチカラ
  • 老化防止
  • 食中毒防止
  • 脂肪吸収阻害効果(ダイエット効果)
  • 中性脂肪分解作用(デトックス効果)
  • 脳の働きを活性化
  • リラクゼーション効果
  • ダイエット後のリバウンド防止効果
  • 整腸作用

 

中国茶にはその発酵の進み具合によってそれぞれ風味や色味が違うお茶があり、銘々を色に例えて読んでいます。
緑茶→黒茶まで。もちろんそのお茶によって効果効能の違いは様々になります。

 

お茶には主に、健康維持・促進効果デトックス効果脂肪燃焼効果などがありますが、まだまだ解明されていない未知の効果や効能が隠れているそうです。

 

これだけ長く人類に愛されてきた歴史には、人の身体にとってお茶がいかに有益であるかが証明されていますよね。