ごぼう茶はダイエットやアンチエイジング、むくみ、冷え症、便秘などに効果があります。

ごぼう茶

 

ナグモクリニックの総院長、乳腺専門医の南雲義則医師がメディアで推奨したことで一躍脚光を浴びたごぼう茶。どのような特徴や効果があるのでしょう?長所や短所は?

 

ごぼう茶のことを調べてみました。

 

 

ごぼう茶の特徴

ごぼうはキク科の多年草で日本ではその根が食用として定着していますが、中国では葉や種までも生薬とされています。その生命力は根野菜の中でも、きわめて高いとされています。

 

皮を剥かずアク抜きもしないで食べることが良いそうですが、現実的には難しいですよね。
そこでごぼう丸ごとのごぼう茶は、有効成分を残さず摂取できるので大変お勧めなのです!

 

ごぼう茶に含まれる有効成分

  • 食物繊維:水溶性と不溶性の両方をバランス良く配合
  • サポニン:血糖値を下げて血液サラサラ。老廃物の吸着と排出
  • イヌリン:糖の吸収を抑制、腸内環境を改善、善玉菌を増やす
  • カリウム:ナトリウムの排出、利尿作用、筋肉の正常化
  • アルギニン:成長ホルモンの生成を促進、筋肉組織を強める、代謝アップ
  • クロロゲン酸:抗酸化作用、脂肪が貯まるのを防ぐ

 

 

 

こんな時におすすめ

  • ダイエットを効率よく進めたい

    ごぼう茶のダイエット効果はデトックス作用や腸内環境の整備など、痩せやすい体質づくりに役立ちます。

  •  

  • アンチエイジング

    抗酸化作用の高いお茶で、身体のサビを食い止めて美肌や健やかな毛髪を維持できます。

  •  

  • むくみが改善されない

    利尿作用があるため体内に溜まってしまう水分を排出します。

  •  

  • 冷え性を何とかしたい

    サポニンの力で末梢血管まで、血の巡りを改善していきます。

  •  

  • 便秘に悩んでいる

    バランスの取れた食物繊維が善玉菌を増やして、お通じのリズムを整えます。

 

ノンカフェインなので妊産婦や就寝前でも飲むことができるお茶です。

 

 

 

長所と短所

長所は先にも上げた通りの高い美容健康効果があり、ごぼうの良さを丸ごと摂取できることでしょう。

 

短所はメーカーによっては、ごぼう特有のエグ味や土臭さを強く感じることがあることキク科にアレルギーのある人は避けた方がいいことです。

 

飲み方は乾燥したごぼう茶をヤカンなどで煮出す方法と、ポッドで蒸らしてから飲む方法がありました。水出しには向かないようですね。