ほうじ茶を運動する30分前に飲むと、よりダイエット効果を期待することが出来ます。

ほうじ茶

 

ほうじ茶はダイエットに効果のある飲み物だと知っていますか?
ここではほうじ茶のダイエット効果についてご紹介します。

 

 

ほうじ茶のダイエット効果

ほうじ茶は緑茶と同じ葉を使用しており、緑茶よりも強火で炒ったものを「ほうじ茶」と言います。緑茶と同じ葉でありながらお茶を製造する過程での焙煎方法が違っていたり、お茶を90℃の高温で抽出する為、ダイエットに効果的だといわれる「カテキン」をより多く抽出する事が出来ます。

 

人間の体の脂肪は「肝臓」で燃やされる様になっており、カテキンは肝臓で脂肪を多く燃やせるように手助けしてくれる効果を持っています。
また、カフェインの少ないお茶なので、カフェインに弱い体質である方にもおすすめできます。

 

ほうじ茶でダイエット効果を発揮するには

朝・入浴前・入浴後などに飲用し、体内の脂肪を燃えやすくすると良いでしょう。
また、ほうじ茶を運動する30分前に飲むと、体にほうじ茶の成分が吸収されるので、よりダイエット効果を期待する事が出来ます。
しかし、ほうじ茶を飲用しても食事を摂り過ぎたりしないようにしたり、適度な運動をすることもこころがけましょう。

 

 

ほうじ茶のそのほかの効果

ほうじ茶に含まれている効果はダイエット効果だけではありません。
食後に飲用する事で、殺菌や抗菌効果を発揮し、食中毒から体を守ってくれたり、虫歯を予防してくれたりします。
また、風邪などの病気を防ぐ効果も期待できます。
また、抗酸化作用がビタミンEの約10倍あるとも言われているため、アンチエイジング効果が期待できます。
その他にもビタミンCやカロテンなども含まれているので、美容効果を期待する事もできます。

 

ほうじ茶の香りにはリラックス効果も期待できるので、飲用したり、お風呂に茶殻を入れたりするとストレス解消につながります。