ジャスミン茶は脂肪の吸収を抑えることが出来るので、食事を摂りながら飲用しましょう。

ジャスミン茶

ジャスミン茶は日本でよく知られている中国茶の一つです。
実はジャスミン茶はダイエット効果があると注目されています。

 

ジャスミン茶にはどのような成分によりダイエット効果があると言われているのでしょうか?

 

 

ジャスミン茶に含まれている成分

ジャスミンには大きく分けて2つの成分がダイエットに効果的だと言われています。

 

1つ目の成分はポリフェノールの一種である「タンニン」です。

タンニンには強い抗酸化作用があり、食事と一緒に摂ると食べている食物から体内に脂肪が吸収されないようにしたり、運動する前などに飲用すると体内の中性脂肪を燃やしやすくする効果があります。運動する30分前にジャスミン茶を飲用すると、その効果を発揮する事が出来ます。

 

2つ目の成分は「カフェイン」です。

カフェインは眠気を覚ます覚醒作用があることで有名な成分ですが、それ以外にも「リパーゼ」と呼ばれる酵素を活性化させる効果があります。
リパーゼは体内にある中性脂肪を「脂肪酸」と「グリセリン」に分解し、脂肪をエネルギーに変えて代謝を促す性質があります。
また、カフェインには血管を拡張したり交感神経を刺激して基礎代謝を促す効果があったり、利尿作用によって体外へ毒素を排出させるデトックス効果もあります。
しかし、カフェインを摂取しすぎると、カフェイン中毒や脱水症状などを起こす原因にもなりますので、1日1.5L以上は摂取しないようにしましょう。

 

ジャスミン茶でダイエット効果を得る為に

ジャスミン茶にはタンニンにより脂肪の吸収を抑える事が出来るので、食事を摂りながら飲用するようにしましょう。

 

飲用する際には温かいジャスミン茶を飲むほうが血行を促進する為、ダイエット効果をより期待する事が出来ます。
一時的に摂取するのではなく、継続して飲用したほうがダイエット効果を期待することができます。