とうもろこしのひげは薬効効果が高く、漢方の生薬としても用いられています。

コーン茶

 

その口当たりの良さから人気のコーン茶ですが、コーン茶には美味しいだけではない嬉しい効果がいっぱい。春夏秋冬季節を問わず飲めるお茶で、さらにノンカフェイン

 

コーン茶には実の部分だけを使ったものと、ヒゲの部分を混ぜた2種類があります。
その違いなども調べてみました。

 

 

コーン茶の特徴

コーン茶とはイネ科の植物のとうもろこしを乾燥させ、炒ったものを煮出したお茶です。
とうもろこし自体は世界3大穀物のひとつで、世界中で栽培や流通をしていますが、お茶として飲む習慣は韓国が発祥のようです。

 

コーン茶が最初に日本でブレイクしたのは、韓流ブームに乗って「とうもろこしのひげ茶」として広まったのが始まりのようです。
今ではその飲み口の良さから「コーン茶」として定着しつつあります。

 

 

コーン茶の種類

  • ひげ茶

    とうもろこしのひげ部分をそのまま茹でて飲むこともあるようですが、「お茶」としては乾燥させたものを煮出すのが一般的なようです。
    ひげ部分だけではエグみがあり、とうもろこしから想像するような風味ではないそうで、「ヒゲ茶」と言っても身の部分と混ぜたものが主流になっています。
    とうもろこしのひげには、薬効効果が高く漢方の生薬としても用いられています。

    効果は
    ■ビタミンKが豊富なので骨を丈夫にする。
    ■生理前症候群や更年期障害を改善する。
    ■膀胱炎や前立腺炎の改善
    など。
  •  

  • とうもろこし茶

    とうもろこしの実を日陰で乾燥させ、じっくり炒ったものを細かく砕いて煮立ったお湯の中で煮出したもの。その風味の良さは「ポップコーンみたい」「焼きもろこしの匂い」と例えられます。飲みやすさから「コーン茶」といえばヒゲ無しがフューチャーされているようです。

 

コーン茶が四季を通して飲めるお茶と言う理由に、身体を冷やし過ぎたり温め過ぎたりしない特性が挙げられます。

 

 

コーン茶に含まれている有効成分

  • カリウム:ミネラルの一種、利尿作用、高血圧防止作用、腎臓サポート
  • 鉄分:ミネラルの一種、造血作用、酸素運搬サポート
  • ビタミンA、B1、E:疲労回復、美肌効果、抗酸化作用
  • ビタミンK(ひげ部分):骨粗しょう症予防、骨の保護作用
  • 食物繊維:デトックス作用、整腸作用
  • リノール酸:必須脂肪酸のひとつ、コレステロール低下作用

 

 

 

こんな人におすすめ

  • ダイエットをスムーズに進めたい人

    デトックス効果がありノンカフェイン低カロリーなので、食事制限での空腹時に飲むのに適しているお茶です。

  •  

  • 貧血気味の人

    鉄分が豊富なため貧血を改善するのに役立ちます。

  •  

  • 冷え性の人

    身体を冷やさないお茶なので冷たくして飲んでも、もちろん温めて飲んでも安心です。

  •  

  • 苦味や渋味が苦手な人

    お茶類に特有な苦味成分が無いため、ヒゲ無しコーン茶は赤ちゃんでも飲める健康茶だと言われています。

 

 

 

長所と短所

長所は味がまろやかで飲みやすく、ノンカフェインなので赤ちゃんでも飲める優しいお茶だということ。身体を冷やさないのも嬉しいですね。

 

短所はヒゲの有り無しで健康効果が違ってくるのに、いまひとつ認知度が低いところでしょうか。あとイネ科にアレルギーのある人は注意が必要です。