黒豆茶の高いダイエット効果はメディアでも数多く取り上げられてきました。

黒豆茶

 

黒豆茶は文字通りマメのお茶ですが、その栄養価には注目される有効成分がいっぱい!
黒豆をお茶にして飲むことで、その成分を余すことなく取り入れることができるんですね。

 

身体にいいと言われる黒豆茶、何がそんなに優れているのでしょう?

 

 

 

黒豆茶の特徴

黒豆茶とはマメ科の植物ダイズの一種である黒豆を、
乾燥させて炒ったものを急須で淹れるタイプヤカンで煮出すタイプがあります。
どちらも濾した後の黒豆は、捨てずに食べることをお勧めします。

 

黒豆茶は「茶外茶」(チャノキ以外の茶)になります。
そもそも豆のお茶というと紅茶と人気を二分するコーヒーがその代表格ではないでしょうか?
しかしコーヒーにはカフェインがあり、そのカフェインを無効化するテアニンが含まれません。

 

ダイレクトにカフェインの興奮作用があるコーヒーに対して、豆のお茶である黒豆茶にはカフェインがまったく含まれていません。
しかし抽出液の色は黒く濃く、まるでコーヒーのようなのでコーヒーが飲めない妊婦さんなどには、代替品として進められています。

 

しかもノンカフェイン以外にも黒豆茶には、積極的に飲み続けたい美容健康成分がいっぱい含まれているのです。またその健康効果と風味の良さから、他の茶外茶とブレンドされて健康茶として販売されているものも多くあります。
黒豆自体は古くから漢方薬の生薬として活用されてきました。

 

 

黒豆茶に含まれている有効成分

  • アントシアニン:ポリフェノールの一種、脂肪吸収阻害効果、抗酸化作用、眼病予防、

    アレルギー改善効果

  • イソフラボン:ポリフェノールの一種、女性ホルモンを補う効果、美肌効果
  • シアニジン:ポリフェノールの一種アントシアニンに含まれている水溶性成分、

    ダイエット効果が認められている

  • サポニン:肥満予防、コレステロール低下作用、免疫力アップ
  • 食物繊維:デトックス作用、整腸作用、満腹感

 

 

 

こんな人におすすめ

  • ダイエットをスムーズに進めたい人

    黒豆茶の高いダイエット効果はメディアでも数多く取り上げられてきました。お茶製造メーカーでの実験なども多く報告されています。

  •  

  • 更年期障害に悩んでいる人

    ダイズイソフラボンが豊富に含まれている黒豆をお茶として飲むことで、女性ホルモンの安定化を図り症状の軽減に繋がります。骨粗しょう症のリスクも減少。

  •  

  • 肥満予防をしたい人

    コレステロールや内臓脂肪に働きかける効果があるので、痩せやすい体質作りができます。

 

 

 

長所と短所

長所はなんといってもダイエット効果の有効性とその健康効果の高さにあるでしょう。黒豆の成分が丸ごと取れてしまうわけですから!

 

短所は大豆にアレルギーがある人は、残念ですが飲むことができないことです。