緑茶に含まれている成分は?緑茶のパワーを見直して生活に取りれよう!

緑茶

 

今さら言うまでもないほど、緑茶の美容健康効果は世界中に知られています。

 

あなたは緑茶を飲むときに茶葉から淹れて飲んでいますか?
ペットボトルのお茶が普及している現代でも、緑茶は是非1杯ずつ淹れて飲んで欲しいお茶のひとつです。

 

 

 

緑茶の特徴

緑茶とはチャノキという植物の葉を摘み取り、発酵させることなく乾燥させた日本茶全般を指します。製法にも様々な方法があり、摘んだ茶葉の酸化をどの段階で止めるかで呼び名が変わります。酸化をすぐに止めなければいけない為、茶畑の近くに熱処理施設があるのだそうです。

 

緑茶の種類はその形状や煎り方で「煎茶」「玉露」「ほうじ茶」など、実に20種類以上に分かれます。

 

現在日本で最もポピュラーに飲まれている緑茶は「煎茶」で、全体の6割を占めています。

 

 

緑茶の歴史

紀元前の太古の時代、緑茶は薬でした。発祥はメコン川の上流一帯です。
日本に入ってきたのは平安時代初期の遣唐使による時の天皇への貢物だったという説があります。

 

いずれにしても緑茶が一般庶民に普及したのは、急須で淹れる文化が確立された江戸時代だそうで、それまでの緑茶は一部の権力者しか手に入らない高級品だったのは間違いないでしょう。

 

 

緑茶に含まれる有効成分

  • カテキン:ポリフェノールの一種でタンニンとも呼ばれている強い抗酸化作用や殺菌力がある。近年医学界も注目の成分。
  • テアニン:アミノ酸の一種でカフェインと相殺する作用があり、脳神経に作用して記憶力を高めたりリラックスさせる効果がある。
  • 各種ビタミン:美容と健康にはなくてはならない成分。特にビタミンCの含有量は多い。
  • サポニン:血糖値を下げて血液サラサラ。老廃物の吸着と排出。
  • カフェイン:強い興奮作用と利尿効果がある。またダイエット効果も期待できるが、あくまで運動をすることが前提。

その他、フッ素などの各種ミネラルや消臭効果の高いクロロフィルなどが含まれています。

 

 

 

こんな時におすすめ

  • 体脂肪を減らしたい

    カテキンの体脂肪低下作用は、血中コレステロールの低下作用と共に効果があると報告されています。

  •  

  • 肌荒れを防ぎたい

    緑茶に含まれるビタミン類が美肌効果に役立ちます。

  •  

  • 風邪予防やアレルギー対策

    抗酸化作用、抗菌殺菌作用が強いので身体の免疫力をアップさせます。

  •  

  • 体臭や口臭が気になる

    緑茶には体臭を消す作用があるため、ダイエット中に変化する身体の匂いが気になる人にお勧めです。

 

 

 

長所と短所

長所は数えきれない美容健康効果があり、どこでも手に入りやすいお茶だという所でしょう。

 

短所はひどい貧血の人や妊婦は、緑茶の中でも玉露や煎茶は避けた方がいいということです。
理由はカフェインとタンニンが身体にマイナス影響を及ぼす可能性があるからです。

 

同じ緑茶でもほうじ茶ならば優しい作用なので気にせずに飲めますよ。