コーヒーのような香ばしさやほろほろとした苦味があり、「たんぽぽコーヒー」とも呼ばれています。

たんぽぽ茶

 

たんぽぽが身体に良いということは、昔から東洋医学の世界では知られていたそうです。
その根を乾燥させたものを「蒲公英(ほこうえい)」と呼び、漢方薬の生薬として使われてきた歴史があります。

 

そんなたんぽぽがお茶になり、コーヒーの代わりに飲まれているって知っていましたか?

 

 

 

たんぽぽ茶の特徴

たんぽぽ茶とはキク科の多年草のたんぽぽを、乾燥させた後に焙煎したもの。
その香ばしさやほろほろとした苦味がまるでコーヒーのようなので「たんぽぽコーヒー」とも呼ばれているようです。もちろんノンカフェイン!

 

たんぽぽといえば路地に咲く可愛らしい黄色いお花というイメージですがその秘めた健康効果は高く、日本でも昔から民間薬として葉や根が使われてきました。

 

そしてたんぽぽ茶には大きな特徴として、女性に嬉しい作用がたくさんあるということ。
授乳期のお母さんのお乳の出を良くしたり、ベビ待ちママの排卵を促進したり、更年期障害の症状の緩和など女性ホルモンが関わる症状のサポートに、たんぽぽ茶はお勧めです。

 

 

たんぽぽ茶に含まれている有効成分

  • タンポポT-1:葉の部分にのみ含まれている注目成分、ホルモン調整作用、排卵促進、毛細血管血流促進、活性酸素除去
  • イヌリン:血糖値の安定化、ダイエット効果、整腸作用
  • ビタミン類:美肌効果など
  • 各種ミネラル:利尿作用、体調調整効果

たんぽぽ茶はノンカフェインです。

 

 

 

 

こんな人におすすめ

  • ダイエットをスムーズに進めたい人

    たんぽぽ茶には身体を温める効果があるので、冷え性からくる滞りを改善して燃焼しやすい体質に導きます。苦味成分がダイエット中のイライラを鎮めます。

  •  

  • お乳の出を良くしたい人

    昔からたんぽぽには授乳を促進させる作用が体験的に知られていました。そのため産後の女性は、進んでたんぽぽを食材として用いていたそうです。

  •  

  • 不妊治療中の人

    女性の排卵促進だけでなく、男性不妊の原因でもある精子への働きかけも期待できるそうです。

  •  

  • ホルモンバランスを整えたい人

    たんぽぽに含まれている成分が、女性ホルモンの乱れを改善する働きがあるので、生理不順や更年期障害に悩んでいる人には喜ばれているようです。医学的にも注目を集めて研究が進められています。

  •  

  • 肝機能を整えたい人

    現在話題になっているC型肝炎ウィルスに対して、予防作用が期待できます。

  •  

  • コーヒーが好きな人

    コーヒーの代用品として医師が産婦に進めているお茶なので、コーヒーの飲み過ぎが気になる人にもお勧めしたいですね。

 

 

 

長所と短所

長所はタンポポT-1や希少糖という近年注目されている健康成分が確認されていること女性には何かと嬉しい成分が含まれていることなど。

 

短所は同じたんぽぽ茶でも、他の健康茶素材がブレンドされている場合があるという程度でしょうか。